就職のいろは

Q&A集

キーワードから探す

パソコン

【Excel】絶対参照と相対参照とは

セル参照とは、数式にセル番地を指定することをいいます。

Excelのセル参照は、大きく分けて、「絶対参照」と「相対参照」といった2通りの方法が用意されています。

【絶対参照】参照するセル番地が常に固定される参照方式
      「$A$1」のように「$」を付けることで絶対参照となり、数式をコピーすると、どの数式も同一のセルを参照します。

【相対参照】参照先が数式に連動して変化する参照方式
      数式をコピーすると、コピー先のセル位置に応じて参照先のセルが自動的に変化します。


<相対参照>

1.[D4]に数式を入力します。(「=B4*C4」)

2.フィルハンドルをドラッグし、[D6]までドラッグします。




参照先が自動的に変化していることがわかります。


 

<絶対参照>

1.[E4]に数式を入力します。



2.フィルハンドルをドラッグし、[E6]までドラッグします。
 正常な計算結果が出ずに、「商品B」「商品C」は「0」となってしまいました。

3.計算式を確認します。


 
現在[E4]~[E6]に入っている数式は、左図の「現在の数式」のようになっています。
もともと[E4]に入っていた数式をコピーしたので、上図の相対参照が働き、セル参照が1つずつ下にずれているのです。

今回は、「値引率」のセルは[H1]だけなので、1つずつずれることなく、常に[H1]になるように設定します。

4.改めて、[E4]に数式を入力します。

5.値引率にあたる[H1」を選択したら、[F4キー]を押します。



6.数式内の[H1]の部分に[$]マークがつきます。
 これで[H1]が固定されます。

7.フィルハンドルをドラッグし、[E6]までドラッグします。



金額に応じた値引額が正常に表示されます。
 

<絶対参照と相対参照の切り替え>

参照方式を素早く切り替えるには、[F4]キーを押すと、参照形式が次の順番で押すたびに切り替わります。
 
【F4】キーを回押す が固定される (絶対参照) (例:A1→$A$1)
【F4】キーを回押す が固定される (複合参照) (例:A1→A$1)
【F4】キーを回押す が固定される (複合参照) (例:A1→$A1)
【F4】キーを回押す 最初の状態に戻る (相対参照)  


※上記内容は、Excel2013で操作しております。

F952 各種研修・講座について 
西日本エリートスタッフでは、登録スタッフの皆さまが、安心してお仕事をしていただくために、さまざまなトレーニングや研修を行っております。
ご興味のある方は、Webページをご覧下さい
(PC) http://www.elite-staff.com/training/
(スマホ) http://www.elite-staff.com/sp/training/


 



人材派遣業・人材紹介業・就職支援事業

西日本エリートスタッフ株式会社

労働者派遣事業 厚生労働大臣許可(派 40-050001)
職業紹介業 厚生労働大臣許可(40-ユ-050012)

拠点:久留米・佐賀・福岡・北九州

  • 西日本ブレーンサービス株式会社
  • 西日本介護サービス株式会社

西日本エリートスタッフは個人情報保護の適切な取扱を行なうプライバシーマークの認定を受けています。

個人情報保護方針
エントリーフォーム
ページのトップへ