就職のいろは

Q&A集

キーワードから探す

面接

面接の目的とは

面接は、就職活動の最後の関門とも言える重要な場面です。
緊張する場面なだけに、事前に「面接の目的」をしっかり確認して、望む結果を得るためにも面接の場を有効活用しましょう。
【採用者側の目的】
 採用者側が面接を行う目的は、主に次の3点と考えられます。

 1.意欲があるか?
  応募者の志望動機などが業種・職種に対してだけでなく、応募する会社に対しても明確か?
  その熱意を本人がどのように伝えられるか?等を通して、仕事に対する自主性・熱意を見極める事を目的に
  しています。


 2.コミュニケーション能力があるか?
  応募者との面接での遣り取りを通して、応募先の企業にとけ込めそうな人物か?コミュニケーション能力に
  問題はないか?等を見極めることを目的にしています。


 3.資質があるか?
  応募者が面接の機会を与えられたということは、応募書類に書いた経験・知識・能力は会社が求める人物像と
  ほぼ一致していると考えられます。
  したがって、採用者側は、実際に応募者と会って、そのことを確認することを目的としています。




【応募者の目的】
 応募者が面接を行う目的は、主に次の2点と考えられます。


 1.仕事内容や価値観が自分と合っているか?
  仕事の内容や職場の雰囲気や価値観が自分の能力や、大切にしている考え方とかけ離れていると長く勤め続け
  ることは難しいかもしれません。
  面接の場は、それらを見極めるための場でもあります。


 2.就業条件(働き方)は、今の自分の生活と合っているか?
  100%自分に合う条件の職場は、なかなか見つからないものですし、条件に拘り過ぎることは、就職活動が
  長引く原因となってしまいます。
  しかし、今の生活での優先順位を考え、仕事と私生活がお互いに良い影響を及ぼしあうような視点を持つこと
  は、人生全体をより充実させるために必要な視点と考えられます。



  面接では、応募者側は、「選考される立場」として緊張し、とかく受け身になってしまいがちです。
  しかし本来、応募者と採用者側の立場は対等なものです。
  働く機会を与えていただくことに対する感謝の気持ちを大切にしつつ、受け身になり過ぎず、積極的な姿勢で
  面接に臨みましょう!




人材派遣業・人材紹介業・就職支援事業

西日本エリートスタッフ株式会社

労働者派遣事業 厚生労働大臣許可(派 40-050001)
職業紹介業 厚生労働大臣許可(40-ユ-050012)

拠点:久留米・佐賀・福岡・北九州

  • 西日本ブレーンサービス株式会社
  • 西日本介護サービス株式会社

西日本エリートスタッフは個人情報保護の適切な取扱を行なうプライバシーマークの認定を受けています。

個人情報保護方針
エントリーフォーム
ページのトップへ